DJ/ヴォーカリスト/コンポーザー/プロデューサー。

2001年より世界的な大型フェスティバルに毎年出演を重ね、インターナショナルに認識されている日本人女性アーティストのパイオニア。

幼少の頃から、音楽に慣れ親しみ、80年代中期、クラブシーンの誕生と共にシーンに足を踏み入れた後、90年代後半より、本格的にアーティスト活動を開始。クラブミュージック、野外フェスティバル、ニューエージカルチャー、ヒーリングアートなどから影響を受け、10年以上に渡り、世界各地を渡り歩くノマド的生活の後、イビサを拠点にヨーロッパを主に音楽活動を行っている。

独特のディープでコアなDJ/ライブスタイルに加え、スピリチャルなアーティストしても認識を高め、ヒーリング系音楽にも携わる。また、ソロアルバム3作品、コラボレーションアルバム、その他コンピレーションへの曲提供、他アーティスト達の楽曲へのヴォーカル参加などでリリースを重ねている。

ファーストアルバム『BLACKMOON』は、彼女が世界各地を旅する中 で出会ったミュージシャンとのコラボレート楽曲集。チルアウトヴォーカルもので「IBIZARRE REC」より2009年発売。全曲自身の作曲による『CHAKRA DANCE』は、チャクラをテーマに、1曲目から7曲目までを第一チャクラから第七チャクラまでのそれぞれの持つ波動に合う様にデザインされたコンセプトアルバムとして2012年に発売。3枚目になるアルバム 『WHITE SUN』も全曲、彼女自身のコンポーズにより、最初から最後まで完璧なまでのフローで構成される。チルアウトアンビエントをベースとした楽曲の数々は、同調していながらそれぞれ違う表情を見せ、アルバムの半分を占める歌ものでは、彼女の癒しのエネルギーとも言える声が優しく際立っている。各界からの評価も高く、彼女のエレクトリックシンガーソングライターとしての才を発揮した作品。

ハードテクノやディープアンビエント、サイケデリックチルビートな音を得意とするが、どのジャンルを奏でても共通するのは、何処か瞑想的でコンシャスな音であるという事、オーディエンスが彼女を体感した後に、メディスンウーマン、シャーマニックと感想を述べるのは、その彼女自身の生き方が反映されていると言える。