東京エレクトロニックミュージック業界出身のDJ/ヴォーカリスト/コンポーザー/プロデューサー。10数年に及んで、アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパ、東ヨーロッパ、アフリカ、アジア、ロシア、トルコ、イスラエルなど、世界中で音楽をプレイしながら放浪した末、現在、イビザ島を拠点に活動。ブームフェスティバルやバーニングマンなどの世界的な大型フェスティバルに毎年出演を重ね、インターナショナルに認識されている日本人女性アーティストのパイオニアでもある。また、ソロアルバム3作品、コラボレーションアルバム、その他コンピレーションへの曲提供、他アーティスト達の楽曲へのヴォーカル参加などでリリースを重ねている。

幼少の頃から、音楽に慣れ親しみ、80年代中期、クラブシーンの誕生と共にシーンに足を踏み入れ、ダンスフロアでの神秘体験の後、97年より本格的にアーティスト活動を開始。クラブミュージック、野外フェスティバル、ニューエージカルチャー、ヒーリングアートなどから影響を受け、また超自然現象や自然の中を旅することによって得た経験から、音楽でグローバルスピリットを表現。自らもヨガやメディテーションを実践、ビーガンに近い食生活を送る。

ハウス、テクノ、アンビエント、チルアウト、エレクトロニカ、ダブステップ、ジャズ、サイケデリックなどの多義にわたる音楽セレクションで、フェスティバルからビーチクラブ、ウェディングからファッションイベント、ナイトクラブからヨガやメディテーションワークショップなど、その活動範囲は広い。


ファーストアルバム『BLACKMOON』は、彼女が世界各地を旅する中 で出会ったミュージシャンとのコラボレート楽曲集。チルアウトヴォーカルもの。キング・オブ・チルと称されるLenny Ibizarreの「IBIZARRE REC」より2009年発売。

全曲、自身の作曲による『CHAKRA DANCE』は、チャクラをテーマに、1曲目から7曲目までを第一チャクラから第七チャクラまでのそれぞれの持つ波動に合う様にデザインされたコンセプトアルバムとして、世界的なサイキック・ヒーラーでモダンミステリースクールの創始者でもあるGudni Gudnasonのレーベルより2012年に発売。

3枚目になるアルバム 『WHITE SUN』も全曲、彼女自身の作曲による。チルアウトアンビエントをベースとした楽曲は、同調していながらそれぞれ違う表情を見せ、最初から最後まで完璧なフローで構成される。2014年発売。

4枚目『MUSIC FOR INNER JOURNEY』は、メンタルに効く音楽として、カフェ・デル・マーなどに多くの楽曲を提供していた音楽療法士Ingmar Hanschのヒーリングミュージックに、彼女の癒しの声が加えられた作品。2016年発